スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニトリへ行って来ました

ニトリを訪問したのは何年ぶりのことでしょうか。

岐阜市正木に岐阜店がオープンした時以来ですから、以前訪れたのは3、4年前になるのではないかと思われます。
ニトリの印象は、商品のデザインについては軽く薄っぺらな印象があります。また機能や価格の面では確かに安いが高機能は付加されていることはなく、軽くて壊れやすい・・・。

久しぶりのニトリは進化していました。
雑貨や家具のデザインは洗練され、アイテム数も多い。
市中の特長のない家具店・雑貨店と比べるとディスプレイも洗練されているし、消費者が求める商品があります。
大雑把に言えば家具店・雑貨店のユニクロです。

何より感心したのは、カーテン・ブラインドのコーナー。
弊社でも窓がけ工事と言って、カーテン・ブラインドを仕事として受注しています。
ニトリのカーテン・ブラインドのコーナーを見て、オリジナル商品の規格品はサイズのバリエーションの設定が上手いと思ったのです。
サイズが集約化されているのですが、その設定が住宅用サッシの汎用品規格寸法を網羅しているのです。
特にカーテンは色柄のバリエーションもソコソコあります。
ロールスクリーン・ブラインドは、まだまだです。
価格も安いと思います。3分の一の値段だから3倍早く壊れる、傷むことはないでしょう。
ただ、建築のプロからすると物足りないことも事実です。

デパートや紳士服店でシャツを仕立てるビジネスマンの数は、20年前とは比べモノにならないほど激減していることは間違いありません。
袖丈が多少長かろうが、短かろうが、その差異を感じる人は少なくなりました。アームホールのゆとりにこだわる人は皆無でしょう。

進化した商品開発によって、ニトリの規格品であっても生活に何の不都合もありません。
ニトリに感心したのと同時に、デフレ社会は衣食住の文化を変えたのだとも思ったのです。
アメ車に乗ったり、興味を持つのは一部の人だけになってしまったように、金太郎飴のような生活文化が日本中に広がっているのだと・・・。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。