スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黒の時代

我らが中日についてでなく、阪神についてです。
ファンでもないのに余計なお世話と承知の上で・・・。

メジャーリーグで活躍の場を失っている福留や五十嵐に触手を伸ばしているとか、来季の契約を金本と結ぶことを明らかにしている報道に、阪神タイガース暗黒の時代到来を心配しています。

私が大阪での予備校生活を経て、京都の大学に入学した1980年代の前半から半ばにかけてのことです。
その頃、阪神タイガースはBクラスが定位置で今年と同じようなシーズンを送っていた記憶があります。
私の周りには『ええねん、なかなか勝てないからたまに勝つとメッチャ嬉しいから。』と、自虐的な姿が正しい阪神ファンのあり方だと胸を張る者までいました。

ところが、ちょうど大学に入学した年には、『3番・バース、4番・掛布、5番・岡田』の強力打線が形成され、アレヨアレヨと言う間にリーグ優勝を果たし、その勢いで日本シリーズも制したのでした。
その年からしばらくは大阪・神戸だけでなく、関西圏に位置する京都も盛り上がっていました。
甲子園で試合がある日が、京都で生活していると阪神ファンでなくとも分かるのです。
監督の吉田義男が京都出身でしたし、私は彼の生家の近くに下宿していたので、よりそれを感じたのかも知れませんが・・・。
阪神が強いと関西は盛り上がります。
関西で生活しているうちに、阪神ファンでもないのに阪神タイガースの球団歌:『六甲颪(おろし)』をソラで歌えるようになりました。
岐阜市民が県岐阜商業の校歌を歌えるのと同じくらい、『六甲颪(おろし)』の歌詞は関西の人たちに浸透しているのです。

今、阪神タイガースに必要なのは劇薬です。
広島から移籍してきた金本が、当時の阪神の体質を変えたことは間違いありません。
しかし『富すれば鈍す』・・・。
現在の金本的なモノを一掃することが、阪神タイガース・暗黒時代の到来を防止するものだと思いながら、劇薬として機能するのは何だろうかと注目しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。