スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街道筋の家

普段はあまり見ることはないのですが、先日の日曜日の夜テレビをつけると『劇的ビフォア・アフター』が放映されていました。
番組の途中からだったのですが、浜松市の東海道の街道筋に面した住宅を曳き家してセットバックする工事に興味を持って見ていると、『匠』の顔がどこか見覚えのある顔だったのでチャンネルをそのままに・・・。
『匠』は何度かお会いしたことがある元社員(今は実家で奮闘中?)のパパ。

『劇的ビフォア・アフター』は奇を衒った様な演出的工事が鼻につき、『プロレス・リフォーム』と見向きもしないのですが、知った顔の登場に最後までシッカリと見たのでした。

建物を水平移動させる曳き家はダイナミックでしたが、それ以外の工事には大見得を切ったような芸当もなく、残存再利用に徹した仕事ぶりに敬服した次第です。
建具の再利用をはじめ、在るものの美しさを引き出すことや、室内の温熱環境の改善(冬の寒さと夏の暑さ)についても単に機密性を高め空調機に頼るのではなく、建築素材や施工によって解決する工夫が成されていることがナレーションがなくとも、我々同業者が見たら分かります。
良い仕事だと思いました。

また欄間に浜松市の花「ききょう」を彫り込んだところが個人的には素晴らしく感じたのです。
父君は故郷・浜松を離れ、豊橋市で事務所を開設し今日に至るのですが、今回、浜松の物件でテレビ番組登場するにあたり、さりげなく故郷への思いを織り込む姿に…。
とても感動しました。

『トミー、親父と頑張れよ!!』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。