スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『腰砕け』

野田首相は、現在の財政状態を作ったのは、自公政権時代であると。また原発の政策について、大きく舵を切るに至ったわけですが、過去の原子力行政を推進したのは自公政権だと。日米安保に依存し、領土領海について無作為できたのも自公政権だと、民主党代表戦の街頭演説で述べたそうですが。

それは間違っていません。
しかし現在の政権与党は民主党です。

新戦略の「30年代の原発稼働ゼロ」の方針もどこへやら・・・。
政府は、原発ゼロ目標を盛り込んだ「革新的エネルギー・環境戦略」に関して、原発ゼロ目標に懸念を示す関係自治体や米国などに配慮し、あいまいな決着を図る方向となったとの報道に、またまたガックリ。
今にはじまったことではありませんが、腰砕けの典型です。

『方針を打ち出したら、まずやる。』 良いか悪いか関係なく。
前の権力者を否定して、新しいこと・違うことを始めたのならばやりきらないと・・・。
実現する推進力もなく、上手くいかないから方針転換では、支持者は離れていきます。
『失敗しても良いからやり切れよ。』

場当たり的に、国民ウケの良い方針を打ち出し、取り掛かろうとしたものの、財界などの反対にあうとスゴスゴと尻尾をまき体裁を取り繕う姿には失望感ばかりです。

リーダーは夢を語れ!
ビッグピクチャーを描け!
詳細・デティールにこだわるな!

内容の良し悪しに拘泥するな!

今日は、命令口調ですみません。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。