スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柿の種

亀田製菓が、自社の『柿の種』と類似するパッケージで製造・販売していた会社を提訴したと言うニュースを聞いて、柿の種好きの私も一言。

どう見てもソックリです。
亀田製菓の『柿の種』
宮田の『柿ピー』
しかし、パクリは宮田の『柿ピー』だけではないのですが・・・。

そもそも柿の種は、元々亀田製菓のオリジナル商品ではありませんし、元祖を標榜する商品・店舗が別に存在します。
元祖であるオリジナル『柿の種』にはピーナッツは入っていません。ピーナッツを混ぜるようにしたのが亀田製菓であり、それによって『柿の種』は爆発的ヒット商品になったと言えます。

しかしこの手の話は『確信犯』だと思います。
『郷ひろみ人形』がそうでしたから・・・。
名古屋の人形会社が郷ひろみにそっくりな人形を製造・販売していたことで、郷ひろみの側が肖像権の侵害の民事訴訟を起こした話です。
結局のところ、郷ひろみ側の主張が認められたのですが、人形会社側は大きな利益を得たと聞きます。
訴えが、郷ひろみ人形の告知・宣伝にも貢献し、後には製造・販売がなくなるのではないかとの危機感をファンに生じさせ消費者心理から売り上げが格段に伸びたと・・・。
充分に割が合う敗訴和解の結果に。

実際に『(ピーナッツが入った)柿の種』は多くの会社が販売していますが、どれも亀田製菓のパッケージに似せられており、宮田に限らず他社も多かれ少なかれ(訴えられることを)覚悟の上か、タカをくくっての模倣だと思われます。

それが良いとか、悪いとかをコメントするつもりは毛頭ありません。

私の『柿の種』の食べ方は、ひと手間加えます。
ピーナッツを抜き取り、ミックスナッツの袋からピックアップしたアーモンドとカシューナッツと胡桃をピーナッツの倍の分量混ぜるのです。
コレが黄金比だと信じています。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。