スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、日馬富士

亡き父の友人の兄弟が相撲取りだったこともあり、幼い頃から相撲には親しんでいましたし、社会人となって東京に住んでいたときは二軒となりが藤島部屋(当時)の中野新橋のマンション。
間近に相撲を見てきました。
今でも、場所中は気になって、気になって・・・。

昨日、大相撲秋場所で日馬富士が二場所連続の全勝優勝を決めて横綱昇進を確かなモノにしました。

日馬富士の優勝に元・横綱朝青龍が喜ぶ姿が報じられていましたが、モンゴル勢を始めとした外国人力士の存在なくして今日の大相撲は成立しないことが明らかです。
一人横綱を張り続けた白鵬も、その前の朝青龍もモンゴル出身。
大相撲は外国人を上手に取り込んだように思います。

日馬富士が大関になる前までの四股名は安馬。
安馬の頃は、本当に小さかった印象があるのですが、133キロの体重がある現在でも幕内二番目の軽量力士。
最軽量は、私のお気に入り『隆の山』。
強いときには体の小ささを感じさせません。
日馬富士の相撲の魅力は躍動感だと思っています。
大型化が進む力士の中では、小兵の部類に入りますが、それを感じさせない力強さも兼ね備えています。
仕切りのときに見せる、顔を土俵に近づけるくらい低い前傾姿勢。横綱になっても続けてほしいものです。

失礼ながら大関止まりと予想していました。
日馬富士の優勝と横綱昇進を心から祝いたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。