スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カツカレー』特需

自民党の総裁に返り咲いた安倍晋三が総裁選直前に、一皿3500円のカツカレーを食べていたことが報道されるや、『庶民感覚がない』との批判や「一皿3500円のカツカレーとは、どのような代物か?」と話題になっています。

一皿3500円のカツカレーを昼食に食べたことで、『庶民感覚がない』と非難する頭の構造を見てみたいものです。
「どっちでも良い」話です。
政治家が、それも政党の総裁を担う人間が高級ホテルのゆとりある静謐な空間で食事を摂ることを非難される理由はないと思います。
しかし恐ろしいものでヒネクレ者の私ですら、カレーライスが食べたくなってきたのです。
印象操作とは簡単なものだと分かりました。
世論や民意などの印象操作もマスコミによって行なわれているのでしょう。

外交や軍事面ばかりが安倍晋三については語られますが、景気対策として安倍晋三に期待するものは何かと考えています。
広く国民的な影響を考えると、外食業界は、安倍晋三をキャラクターにして、カツカレー特需を煽ってはいかがでしょう。
我が社の『3500カレー』などと銘打って、豪華トッピングの特別カレーに次回から使える3500円分のクーポン(安倍晋三の似顔絵をクーポンには入れる)をつけるなどアイデアは色々出てくるでしょう。
安倍晋三、自民党の側にも、タカ派のイメージを和らげ大衆票を取り込む次の選挙対策にるためにも面白いと思うのですが・・・。

お先真っ暗か、糞詰まりの状況を打破するには、安倍晋三の「カレーキャラ」でカレー特需を目論むくらいしかないでしょう。
それくらいの役回りが適役だと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。