スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜と中国

日中国交正常化より遡ること10年前の1962年に、岐阜市は浙江省杭州市と『日中不再戦』の碑文交換を行い、1979年に友好都市の締結を果たしました。
今年で『日中不再戦碑文』を交換してから50年になります。

岐阜新聞の記事にあるように、世界文化遺産でもある『淅江省京劇団』による11月23日の岐阜公演が中止となったようです。
残念に思います。

オイオイ日頃は好戦的な内容を記しながら・・・と思われる向きもあるかもしれませんが、私は軍備はしても可能な限り戦争を起こさない努力をすべきという考えですから・・・。

国交のない時に『不再戦』の契りを果たした岐阜市と杭州市。
この時期だからこそ交流を維持し深める価値があると思うのです。
岐阜市は何らかのアクションを起こすべきと考えます。

9月21日の岐阜市長記者会見でも、民間・自治体外交の価値と重要性を説いているじゃありませんか。
「障らぬ神に祟りなし」 
『残念』とコメントすることは簡単です。
『残念』と険しい顔をして時が過ぎるのを待つつもりでしょうか?
無策無能は岐阜市長が悪いのか?それとも長年の体質なのでしょうか?

少なくとも『改革派』を自認するならば、岐阜市長は身を賭する覚悟で抗州市に飛ぶべきでしょう。
そこで岐阜市と杭州市の歴史を訴えるのです。
効果のあるなしでなく、その姿勢が重要だと思うのです。
そして岐阜市に帰っては、岐阜から日本国内にありのままの杭州市の現状を伝え広め、日中不再戦を訴えるのです。
でなければ似非改革派首長連合の一員でしかありません。

岐阜市は『日中不再戦』の街です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。