スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節のお菓子

中津川のお土産に『栗きんとん』をいただきました。
初めて口にしたのは、思春期の食べ盛りの頃だったように思います。

「珍しいお菓子だから・・・。」と、小さなひとつ包みのお菓子を母親から手渡されると、包み紙をパッと開いてポイッと口に放り込んだ記憶があります。
その瞬間に口腔に栗の香りが広がり、このまま飲み込んでしまってはいけないと感じたように覚えています。
食欲旺盛な少年にはモッタイナイ小さく上品な郷土のお菓子・『栗きんとん』。
今日では物流も発達し、岐阜や名古屋でも買い求めることができるようになりましたが、30年前には貴重な中津川の銘菓だっただったのです。

『栗きんとん』の思い出のせいか、中津川には良い印象を持っています。
岐阜から中仙道を辿っていくと中津川に至りますし・・・。
中津川といえば、恵那山。ヨコに広がるプロポーションが美しい恵那山の全体像が近くから臨める街。
そして『栗きんとん』。良い事ばかりじゃないですか。

岐阜の季節の銘菓、土産物として知られるようになり、今では多くの和菓子を扱う店が『栗きんとん』を製造、販売していますが、老舗の『栗きんとん』が好きです。
製法が単純なせいか新規参入も多いのですが、老舗を凌駕する『栗きんとん』には出会ったことがありません。
見栄えがするわけでもなく、武骨でありながら小さく上品で、アンバランスなバランスが『栗きんとん』の世界だと思うのです。
口に入れると、最初はほろほろ、そしてねっとりと舌に絡みつき、溶けていく過程にも段階があり、最後には栗の粒粒が残ります。

今日も大切に『栗きんとん』をひとつ、いただきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。