スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅に関する訪問販売

太陽光発電の訪問販売のセールスにあって、『どうしたものか?』と相談をいただいたので、この機会に自分なりに住宅に関する訪問販売について思うことをまとめてみました。

大手ハウスメーカーも創業期には訪問販売の手法を採っていたところが多くあったことは事実です。
屋根瓦の葺き替え、外壁の塗り替え、温水パネル(〇〇ソーラーとか・・・)設置などの訪問販売が大きな売り上げを作りましたが、今日では、住宅に関する訪問販売で最も目立つのは『太陽光発電』の設置の営業でしょう。

我々、住宅業界・建築業界に身を置くものにすれば、住宅についての工事の訪問販売・飛び込み営業は胡散臭く感じてしまうのが本当のところです。
詐欺まがいの業者が目に付きます。
これは正しい偏見でしょう。
技術的知識、背景が求められる商品・工事にも関わらず、それらを素っ飛ばして都合がよいことだけを説明していることが大半だと思われます。
技術屋の僻みでしょうか。

『太陽光発電』は、消費者の環境意識・省エネ志向の高まりや補助金制度や余剰電力の買取制度(高い売電価格)により、トレンドな商品となっています。
訪問販売・飛び込み営業のセールスマンにとって、お誂え向きの商品なのです。

訪問販売では、フルコミッションに近い報酬から、消費者契約法スレスレの営業が行なわれる素地が生まれます。
売り方・セールスの問題から、不良施工の工事の問題に至るまで、トラブルの芽を抱えたまま販売されているのが現状だと思います。

『太陽光発電』への関心が高まり、成長市場であることから、販売会社も玉石混交の状態にあるのが現状です。
冷静に対応されることを勧めます。
では判断の基準は何か?
事業者の信頼性。
システムについては発電量のシュミレーションが正確かどうか。分からなければ、シュミレーション通りの発電補償があるかと聞いてみることです。
試算表には設置費用だけでなく最終撤去費用と維持メンテナンス費用、修理費用、保険料などまで含まれているか。
丁寧に詳細な説明をする業者は少ないでしょう。

ここまで考えると、住宅用の太陽光発電、特に既存住宅に後から設置する場合は、なかなか元が取れないシステムだとも言えるのです。
産業用の太陽光発電は別です。確実に利益が出ます。

それでも関心がある方は、弊社でも取り扱いをしていますからお気軽にお問い合わせください。



コメントの投稿

非公開コメント

訪問販売ってそもそもなんか怖いですよね、

そういえば太陽光パネルの設置が原因の雨漏りの話などあったみたいですね、メーカー側も少し慎重になって屋根種類によっては設置を断るケースも出て来ているみたいです。
でも生活環境によってはクリーンエネルギーで光熱費を減らせると思うともっと普及しても良い設備な気がします。

Re: 訪問販売ってそもそもなんか怖いですよね、

現在のところ住宅用の太陽光は採算性は厳しいと思います。特に既存住宅では。
環境意識からの設置以外に取り付ける理由がありません。
しかし、採算性が良いことをセールスポイントに販売されているのが実態です。
良いシステムでも売られ方が悪かったり、施工が悪かったりしたら普及のブレーキとなります。

中川


> そういえば太陽光パネルの設置が原因の雨漏りの話などあったみたいですね、メーカー側も少し慎重になって屋根種類によっては設置を断るケースも出て来ているみたいです。
> でも生活環境によってはクリーンエネルギーで光熱費を減らせると思うともっと普及しても良い設備な気がします。
プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。