スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜のサッカー

FC岐阜について何かコメントせよとの御意見をいただきましたから・・・。

本来、野球少年だった私がFC岐阜を支援するに至った経緯は折に触れ説明しましたから割愛しますが、高校時代には二年連続球技大会・サッカーの優勝チームのゴールキーパーになったこともあるので門外漢と言うわけでもありません。

12月になると、もう30年以上前から、かつては『トヨタカップ』の名称で、ヨーロッパと南米の№1クラブチームが争い、クラブチーム世界一を決めるカップ戦が日本で開催されています。
現在では、『クラブワールドカップ』と名称も形式も発展し、世界6大陸の選手権王者がトーナメント方式で争います。
そのオセアニア王者(代表)・ニュージーランドのオークランドシティに岐阜出身の選手がいます。
岩田卓也。彼は岐阜工業を卒業し浜松大学を経て、当時JFLのFC岐阜に入団もJリーグ昇格時にはFC岐阜のBチームに所属することになりました。2シーズンの後、オーストラリアに渡った経歴を持ちます。
オーストラリアで実績を重ね、オークランドシティに移籍したのですが、彼が『クラブワールドカップ』二出場する初めての岐阜出身のサッカー選手でしょう。
また、シンガポールにもFC岐阜の芽が。
岩田選手と同じ年にFC岐阜に関西大学から入団した桜田真平。
シンガポール・リーグの強豪アームド・フォーシズFCに所属し、先頃行なわれたシンガポールカップ決勝ではゴールを決め、大活躍。シンガポールリーグからはヨーロッパのリーグに移籍するケースが多いようですから、ヨーロッパへ飛躍する可能性もあります。
またインドネシアには、大友慧がいます。FC岐阜に在籍していた当時も怪我がちだった彼、温暖な地でコンディションも良いのか、インドネシアリーグでは活躍しています。
娯楽が少ないこともあり、5万人を遥かに超える(5万人収容のところに立ち見の人がごった返す)観衆の中でプレーしているのだと便りがありました。

岐阜のサッカーの種は、岐阜の地だけでなく世界中に広がっています。
日本に帰国した際に、岐阜の出身でもない櫻田、大友の両選手が岐阜に立ち寄ることは、彼らの中に『岐阜のサッカー』の思い出が存在しているからでしょう。
二人に限らず、日本中に散らばっていった選手達が、オフや遠征の折などに、引退した選手達が家族を連れて・・・。
『岐阜のサッカー』は世界に通じています。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。