スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

党首討論と解散総選挙

ドラマ仕立ても極まれり。

12月16日に行なわれる衆議院選挙は、過去にない熾烈なモノになるのではないかと思います。
先の政権交代がもたらしたもののひとつに『政党助成金』の重み・ありがたみがあるからです。
政党助成金は1月時点の議員数で決まりますから、選挙が近づくにつれ、どの政党も必死になり、選挙違反も多く出るでしょう。ワクワクします。

党首討論で、野田首相の口から『16日解散』の言葉が出て一番驚いたのは自民党でしょう。
自民党は年内総選挙に持ち込み、議席数を回復したいと考えていたはずです。
しかし選挙を行なえば民主党は議席数を減らすことが明らかなので、年内解散はやらないだろうとも読んでいたはずです。
野田首相から議員定数削減を約束させることの交換条件に年内解散・選挙のボールを投げられた時の安倍総裁のうろたえた応対が、それを物語っています。
政治家、に限らずトップは、決してうろたえた姿を見せてはいけないのだと学びました。

この解散のタイミング。
第三極の体制が整備されていない状態で選挙に持ち込みたいという点では既成政党にとっては都合が良い。年をまたげば、政党助成金の関係で自民党・公明党にメリットはない。
交換条件を飲ませるには、最高のタイミングだったのでしょう。
原稿なしのガチンコ勝負・野田対安倍の党首討論は、野田の圧勝だったと思います。

さて、第三極。
石原、河村の連携が発表されましたが、『年の功』老獪な戦術を感じます。
マスコミ、世間の注目を集め、土俵に居場所を確保しました。
石原慎太郎は『消費税、脱原発・・・など争点としてとるに足らない。・・・』と発言していましたから、思想・信条が相反する者と組むことを想定していたのでしょう。
今回の選挙が終着点ではなく、先の『首相』の座を見ていると思います。夢よもう一度ですか・・・。
本来、第三極の中心にあるはずだった『橋下・維新』と『みんな』。
今回の選挙を世代間闘争と位置づけ、一体化し民主党から細野豪志あたりを引っ張り込んではどうでしょう。短期間で、政策論争などできないのですから。
小沢一郎については、共産党との連携がいいのではないかと。思想は違えど、政策の総論においては、一致するところが多いからです。
野合だろうが、何だろうが選挙は結果・数が全てです。

政策の違いが明確にされることもなく、政策論争の時間も、吟味する時間もない選挙です。
過半数を取る政党もないでしょう。
その後の政局には、第二幕・三幕があるように思います。

ドラマのような展開くらいしか楽しみがない選挙です。
それでも没落国家の始まりにしてはいけないと、選挙に行って意思表示をするのが我々国民の務めです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。