スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙に行こう

今日は弊社の若い社員に、特にしっかりと理解して欲しい。

今日、衆議院選挙が公示されました。
「まずは選挙に行こう。」
それには誰に投票するかを自分ありに考え決めることが求められます。
分からないなりに考えることが大切です。
親やお客さん、はたまた上司や友人に「〇〇候補をよろしく」と頼まれたから、〇〇候補に投票することでも充分です。
それが目覚めかもしれませんし、自分で決めたことには変わりないからです。

今までも選挙に行ったけど、「誰に投票しても同じ。どこが与党になっても同じ。選挙に行っても変わらない。皆、同じ。」との考えの人には、だからこそ投票行動が重要なのだと言いたい。
その言い訳は理屈が通りません。
考えることを放棄したことの隠れ蓑にしか過ぎないからです。

20歳代、30歳代の投票率が他の世代と比べて圧倒的に低い現実があります。
高齢化が進み高齢者の割合が増えている今日、高齢者の投票率が高ければ高齢者にウケル政策を政党・政治家が掲げることに歯止めをかけるためにも投票行動を起すことです。
高齢者よりも、これから先が長い若い世代が声を上げることが重要だと思います。
選挙権は付与される権利ですが、その権利を行使して初めて国民の義務を果たしたというものです。

今回の選挙は、争点がハッキリしない、焦点の定まらない選挙だと言われています。
公約・マニュフェストの政策について議論されるわけでなし、政治信条・思想が吟味されるわけでなし・・・。
実行力・推進力が測られているものでもありません。
多くの政党が思い思い勝手に自己主張をしているようにも見られがちです。
だからこそ、「分からない」・「変わらない」という思考停止の隠れ蓑的言い訳は通用しません。
自分なりに考えて投票行動することが重要です。

まずは選挙に行こう。
すれば政治と自らの生活は直結していることが分かります。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。