スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票認証ショット

韓国大統領選へのSNS(ソーシャルネットワークサービス)が与えた影響が、かなり大きかったと聞きます。

とりわけ『投票認証ショット』。
投票所で撮った写真をアップすることが若者の間に広がり投票率を押し上げたそうです。
この『投票認証ショット』を飲食店などで提示すると様々な特典が受けられるサービスが普及したことが更に投票率アップを加速化したようです。
これらの流行。投票率の下落に歯止めをかけようとの意思とは別のところに動機があることに意味があると思います。
「投票率向上が社会の・・・」などの能書きでなく、『投票認証ショット』はネット上の流行。遊びの範疇です。
また『投票認証ショット』への特典付与サービスは店舗側の営業活動です。
だから自然発生的に伝播したのでしょう。独善性が鼻につくと大衆は離れていきますから。

また韓国では、2月にネットによる選挙運動が解禁されたことが選挙への関心を高めていたことも指摘されています。
候補者への応援・批判のメッセージがネット上で飛び交うことが、硬直化した既存メディアの報道とは一線を画し選挙に興味をもたれることになったのでしょう。

ネットによる選挙活動が日本でも解放されることを期待します。
SNS(ソーシャルネットワークサービス)をはじめネットの発達のスピードは目を見張るものがあります。
日本でも選挙活動にネットが導入されれば、予期せぬ・想定外の効果が表われると思います。
それをよしとはしない考えを除いては、導入に反対する理由がないと考えます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。