スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝

今日は箱根駅伝の復路をほぼ全部見ていました。
箱根駅伝は、正月の風物詩として定着した感があります。
『駅伝』は日本的スポーツだと思います。
今年の箱根駅伝。
下馬評では東洋大学の連覇を止めるのは、駒澤大学か早稲田大学の声が高かったようですが、往路優勝の日本体育大学がリードを守りきり、見事優勝を遂げました。
テレビの報道では、日本体育大学は昨年の箱根駅伝でシード権を逃し、今年は予選会で出場権を獲得し、本番で復活優勝を果たしたことの背景にあった活動などを美談チックに伝えますが、私の関心は別のところに・・・。

日本体育大学の優勝は出場選手全員が計算どおりの力を発揮したことにあるということはデータからも明らかです。
区間賞を獲得した選手は10区間で往路5区の一人のみ。
ただ全ての区間で上位の成績を残しています。
復路に関しては、状況が選手を後押ししたのだと、見ていて思いました。
慌てる必要がなく、かと言って慢心してしまうわけでもない程度のリードを保ち続けたことで、全選手が予定・計算通りの力を安定して発揮できたのだと思ったのです。

それを可能ならしめたのは、中継中にも紹介された競技力の向上だけではない生活習慣の改善をはじめとする日常生活の取り組みによるのだと思われます。
ただ競技能力の向上を図るだけでは、良い成績を収められないと、過去の経験から判断したのでしょう。

今日、箱根駅伝を見ていて興味深く感じるのは、再現性による改善・向上の可能性は無限にあるということです。
漫然と競技会としての箱根駅伝を開催することでなく、運営面でも改善・改革の変化が見られます。
例えば、ウエア・備品のサプライヤー契約が導入されたことに気がつきました。
チームユニフォームなどは各大学ごとですが、オフィシャルスタッフの衣類、備品類は統一され、スポーツメーカーのロゴが大々的にプリントされています。
オフィシャルスタッフの識別が明確にできるなどの運営面のメリットの他に、サプライヤー契約を結ぶことで財政面にも寄与するでしょう。
同様に中継地点の様子を観察すると、グッズ販売用と思しきワゴンを見つけました。
今や、興行として一大イベントであることも分かります。
中継点に走りこんできた選手の引き取りも、各大学の担当者以外にオフィシャルスタッフが居てスムーズです。

毎年、あらゆる面で改善項目を列挙し、より良い運営が成されるよう取り組まれているのでしょう。
同じことを繰り返すこと。
再現性の中の改善ほど精度が高められるものはないと確信しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。