スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チケットレス

先日、JR岐阜駅前のスカイウイング37を初めて利用しました。
用事を済ませて駐車場から車を出そうと清算機の前に来て、駐車券が見当たりません。
あたふたとシャツの胸ポケット、上着のポケットからズボンのポケットに至るまで手探りで探したのですが・・・。
次は、財布・小銭入れから名刺入れに至るまで・・・。
「ない。」
やがて後続車が現われ、焦りながらインターホンに手を伸ばし内線で係りをよんだのです。
こんな時ほど、呼び出し回数は長く感じます。
駐車券を紛失した旨を告げると、「インターホンの横にある封筒を取って、車のナンバーを記入した上で代金として1000円を封入し、インターホンの下に設えられた投入口に入れよ。」と・・・。
暫らくしてゲートが開き、やっとの思いで出庫ができたのですが、何とも釈然としない思いが残りました。

性善説にたった極めて原始的なシステムでありながら、合理性は全く無いことに不満を持ったのです。

そこで駐車場のチケットレスのシステムについて考えたのです。
最近利用をしていないので記憶が定かではありませんが、セントレア・中部国際空港はチケットレスに近い形態だったはずです。
駐車場チケットレスのシステム導入にあたっての問題とメリット・デメリットは何だろうかと思いをめぐらしました。
まず利用者にとっては、チケット紛失のリスクが無くなることや、電子マネーやETCカードの利用によって入手庫の円滑化が図れます。
駐車場オーナーは清算機の導入の初期投資はかかりますが、現金管理の負担とリスク、人件費が削減できます。
デメリットがあるのは、チケットのメーカーと販社くらいだと思われます。

この程度の技術なら、既に開発されていそうな気がするのですが・・・。
そこで「ソニー」です。凋落からの浮揚はフェリカの技術にかかっていると思います。
そうだ、ソニーの株を買ってみようか!?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。