スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰気臭い

陰気臭い・・・。

『女子柔道』の体罰問題に関して。
柔道は格闘技ですから「力」による指導が許容の範囲を逸脱して「暴力(体罰)」になったのかもしれません。
その事実を知っていたのは当事者だけでなく、柔道関係者はもとよりスポーツ記者も当然含まれていたはずです。
日本オリンピック委員会・JOCも全日本柔道連盟も「暴力(体罰)」の事実が明らかになってからも消極的な対応で、自然鎮火を期待しているあたり組織の性格が消極的で暗いものだと思われます。
みんなが「暴力(体罰)」の存在を知っていたのですから、「トカゲのシッポ切り」的に監督などの辞任をもって収束を図ろうと言うのはムシの良い話で陰気臭い体質の存在を覚えます。
看過してきたスポーツ記者のコメント・声明を期待していますが、未だに見当たりません。
もし新聞などで自戒の念をこめた記事が出ているようでしたら、教えていただきたいと思います。

問題の本質には、日本的内申書・上申書の存在があると考えます。
日本代表選出が選考会の一発勝負によるものであれば、日常の練習時に選手への強制力は薄くなります。
ところが代表選出への影響力も強い人間からの「暴力(体罰)」ですから、従わざるを得なかったのでしょう。
内申書・上申書によって従属させる日本的組織の陰気臭さが見えてきます。

陰気臭さを吹っ飛ばすのは光と風。
明るくオープンな体質に転換するしかないと思うのです。
それをリードする人間が現われないことが残念ですが、その役割を果たすとしたなら、いや義務としての役目があるとするなら東京都知事の猪瀬直樹か山下泰裕ではないかと。

柔道の暴力事件が、2020年オリンピックを東京へ招致する活動に水を差す、または逆風となっていると言われています。
にも関わらず、不機嫌な仏頂面で模様眺めを決め込んでいる猪瀬直樹東京都知事は本当に陰気臭い人間だと思います。
日本の首都・東京都の首長の言葉の影響力を考えたら、矢面に立つことを厭わず問題解決の先頭に立つべきだと思います。
「東京都知事がしゃしゃり出る幕などない。・・・」と言われようものなら、「何を言う。東京でオリンピックを開催しようと招致活動の前に解決すべき問題だ。この門題解決なくしては日本のスポーツ界の新しい歴史は始まらない。その先に東京オリンピックがある。・・・」と、大見得を切るのが役者としての東京都知事のあるべき姿だと考えます。
東京オリンピック招致と柔道の門題を絡めた国内外からの批判を断ち切ることを、東京都知事自らが果たすのです。

いつも不機嫌で不愉快そうな猪瀬直樹の顔を思い出し、彼の都知事としての問題は陰気臭さにあるのではないかと思った次第。

スポーツ界の陰気臭さを明るく吹き飛ばすのは、あらゆる意味で「オープン」することにあるのではないかと思います。

山下泰裕については後日です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。