スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフォックスの思い出

フェイスブックのタイムラインを流し見ていた時に、身体が凍りつき、しばし呆然としてしまいました。

『私、R.Hの息子です。父が急逝いたしました。生前は・・・。』と。

にわかには信じがたく、と言うのも年齢を感じさせない活躍ぶりを、つい最近もフェイスブックで拝見していましたから・・・。
フェイスブックのコメント欄には、「昨日も楽しく飲んだばかり・・・。」・・・と、驚き嘆く言葉の投稿が続きます。

15歳年長のHさんと知り合ったのは、環状線・市橋の交差点のカドにあった『ラフォックス』なるチェーン展開
を図っていた量販型メンズブティックで、客と販売員(?)としての関係で、10年以上前のこと。
他の大型チェーン紳士服店とは一線を画した『ラフォックス』の設えと品揃えは魅力的でした。
それは『デイリープラネット』と名を改め、改装した後にも魅力は引き継がれ・・・。
ある時、接客をしていただいたのが、偶然店舗に来ていたHさん。
接客されている間は社長だとは知りませんでしたが、後にHさんが、社長だと知って驚いたものです。
多店舗チェーン展開企業の社長自らが、直接に客と接客販売をするとは思いませんでしたから。
私は月に一、二度の頻度で訪れていたと思いますが、たまたま店舗を訪れたH社長と、なぜか出会うことが何度かあり、話が弾んだものです。
ゴルフの話。美濃加茂市在住のH社長は。ご子息が独立された後は、家を改造し、近くの高校のゴルフ部の生徒を下宿させていること。その下宿生と私が、競技で一緒にラウンドしたこと。
ファッションの話。叔父がニット製品を製造するアパレル会社を東京・錦糸町で経営していることから、アパレル地政学的見解を聞かせていただいたこと。・・・。
所謂『チョイ悪オヤジ』の風貌に、明るく快活な性格。話せば面倒見がよく、多くの人が集うタイプの人だと分かります。
憧れの存在でした。

時代の流れから、機能としての衣服でなく、遊びや楽しみのあるファッションを大型店舗でチェーン展開(20店舗以上あった?)して販売することが困難となり、大手量販店に店舗を売却する話を新聞で知りましたが、付き合いは店舗を介してのものだったので、閉店と共に途絶えました。

ある時、新聞記事の写真でH社長と再会。
その時の話は『虹の架け橋』なるタイトルでブログに紹介しました。
中国人の就労支援活動が地域貢献・活性化であるとの視野の広い認識に感服したものです。
還暦を越えてもなお、新たな活躍の場を築かれる様子を尊敬していました。

また、フェイスブックで連絡を取ることができるようになり、交流が再開したのが昨年の夏。
秋には弊社が出展したイベントにも来場をいただきましたし、『岐阜大学地域活性化研究会』での講演も依頼していたところでした。
本当に残念です。ご冥福をお祈りします。

葬儀にはH社長にセレクトしてもらった服を喪服に出かけようとクローゼットに入ると、礼服も黒いネクタイも『ラフォックス』・『デイリープラネット』で購入したもの・・・。
目を閉じると『ラフォックス』で出会ったときのことが思い出されてきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。