スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロータリークラブについて

私は岐阜加納ロータリークラブに所属しています。
今から15年前の34歳の時に入会した当時はクラブの最年少会員でしたが、今では同年代や年下の会員も増え、中堅に近い立場にいるといったところです。

ロータリクラブについて理解がない方からは「ロータリーに入って商売になるのか?」との質問を良くいただきます。
そもそも商売上プラスになることを目論んで入会したわけではないので、的確な回答だとは言えませんが、プラスになると思います。
ただし仕事の依頼や発注が得られることではありません。

亡くなった私の父親と同世代の方の「ロータリーと商売について言えば、『ロータリーは買うところだ。』」という発言に目から鱗がこぼれるような思いをもったことがありました。
目先の売り上げや利益を目的とした行為の浅ましさを戒めると同時に、買うことのストレスから解放されることの価値にです。
信頼関係を疑うことなくロータリークラブのメンバーには、公私にわたる頼み事ができることは、商売上にもプラスだと思います。

正直なところ、ロータリークラブの活動の中には意に沿わないものもありますが、それも黙って受け入れることが、大人の務めだと考えています。
それはロータリークラブに限らず、任意の団体や地域の活動でも同様ですが。
任意の団体では、会員間の価値観、思想信条、利害関係が一致しないことが当然おこります。
それを批判することは簡単ですが、批判するのでなく、その組織の中で自分自身は何ができるのかを問うことに価値があると考えます。

利を求めるのでなく、自分自身は何ができるのかを問い活動することこそロータリーの求める奉仕の精神に相通じるものでしょう。

私は、自分を試し、磨く機会をロータリークラブに求めています。
ギブとゲットの意味を考える機会でもあります。
「ギブはゲットであり、ゲットはギブでもある・・・・。」そんなことを考えながら、今日も例会に出席します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。