スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪党』への偏見

小沢一郎の資金管理団体『陸山会』の土地購入を巡り、3人の元秘書が政治資金規正法違反の『虚偽記載』に問われた事件の控訴審判決で、東京高裁は、3人を有罪とした1審東京地裁判決を支持し、元秘書側の控訴を棄却したニュースについて。

ここで言いたいことは、小沢一郎が良い、悪いの問題ではありません。
「最早、小沢一郎が政治家として活躍する機会はない。」と、私は思っています。過去には大いに期待しましたが・・・。
謀略によって、その芽が摘まれたのであろうが、自身が蜂起するタイミングを逸したのであろうが、それもすべて本人の責任です。力がなかったのです。

この陸山会裁判について、私が問題だと思う点は、報道機関が検察の後押しをするばかりで権力のチェック機能の役割を果たしていないことです。
具体的には、法律上の問題と政治的なモラルについて、整理することなく『推定有罪』のイメージ先行で、報道が進行した事です。
事実関係を丁寧に検証することや法的問題がどこにあるのかを明らかにすることが求められている立場にも関わらず、「庶民感覚から懸け離れた金額の、4億円の出所が相続によるなどと言うのは、疑わしい。」、「過去の政党助成金の振り替えに違いない。」「小沢の悪事には秘書が加担しているに違いない。」・・・などのイメージを大衆に植え付けたことです。
ジャーナリストならば、イメージを大衆に刷り込むのでなく取材によって事実を明らかにすべきでしょう。

また、『虚偽記載』の問題は、単なる期ズレに過ぎず、形式犯を厳罰に処するならば、日本中が犯罪者になります。
期ズレについての不起訴の判例については報道されることもありませんでした。

今日の判決について。詳細かつ丁寧な検証もなく(証拠不採用以外にないのですが・・・)、明日の新聞では、『小沢一郎の道義的責任』を追及するのでしょうか。
小沢が無罪で、元秘書が有罪となったことについて言及することもなく・・・。

『悪党』への偏見とイメージによって、冤罪を生むのは検察と裁判官であることの事実から眼を背けることを危険だと感じるのです。
小沢一郎と元秘書たちだけの問題ではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jdforest

Author:jdforest
本庄工業株式会社
代表取締役 中川稔之

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。